東京ディズニーランドの35周年のプロジェクションマッピングショーの予想 その③

東京ディズニーランドの35周年のプロジェクションマッピングショーの予想 その③

前回、35周年のプロジェクションマッピングショーの

「新たな効果」はドローンではないかと予想しました。

 

 

既に海外のディズニーではインテルとコラボしたドローンを使った

夜のショーが開催されたことがあったので、色々調べていると、

ディズニーは既にアメリカでドローンを使った特許を出しているようで、

まとめてみたいと思います。

 

ディズニーが出していると思われる特許

①巨大な人形をドローンで操る特許

これはすごく単純ですが、巨大な人形にひもをつけて、

そのひもの先にはドローンがついているという構造で、

このドローンを使って遠隔操作で操り人形のようにこの巨大な人形を

動かす。というものみたいです。

 

②ドローンのエアバッグ

そのまんまですが、ドローンが衝突したり墜落したりして衝撃を検知すると、

プロペラの上下からエアバッグが飛び出し、衝撃を和らげる。というものみたいです。

確かにショーで使うのなら、万が一のことも考えてこういった安全対策を考慮する

必要があるかもしれないので、このような特許を出すのはわかる気がします。

 

③いくつものドローンを空中で光らせてディスプレイのように扱う

これは既にアメリカで行われたドローンを使ったショーの技術のことのような

気がしますが、何百ものドローンを空中で光らせて、それを遠隔操作することで

空中をディスプレイのように扱う。というものです。

 

④ドローンでプロジェクターのリフレクターを空中に浮かべる

これもそのまんまですが、ドローンにプロジェクター用のリフレクターをつけて、

それを空中に浮かべます。そのリフレクターにプロジェクターから映像を照射する。

というものみたいです。

リフレクターって何なのかいまいちよくわかってないのですが、

たぶんスクリーンのことでいいんじゃないかなと思っています。

 

スポンサー (広告)

 

以上。

色々調べてみると今後のショーで使われる可能性のある技術がわかっていいですね。

私がディズニーが好きな理由はゲストを喜ばせるために常に新しい技術を

アトラクションやショーに取り入れている点なので、今後も期待したいと思います!

スポンサーリンク

ディズニーカテゴリの最新記事