日本の若い人へ 新型コロナ 2020年03月29日

NO IMAGE

私はいまアメリカに住んでいるが、私のできる範囲でアメリカの新型コロナの状況を伝えてきました。

少しでも誰かにこの状況が伝わればいいなと思って。

 

やはり自分の国が心配で日本のニュースなんかも最近はよくみてる。

 

そしていまみたら、志村けんさんが亡くなったらしい。。

 

正直というか本当にびっくりした。

 

こんなに突然!?

 

日本の外から見てると、やっぱり日本は新型コロナをあまく見ているようにしか見えない。

 

この土日の日本のニュースを見てたら、自粛要請のあったこの土日にもお花見のためとか、遊ぶために出歩いてる若い人がいるみたいだった。

 

何人かはインタビューされてて、

 

「若いから大丈夫」

「かかったときになんとかする」

「老人のほうが出歩いてる」

 

なんてことを言っていた。

 

日本の人口は1億2000万人もいるわけで、若い人と老人という2つの言葉で分けるのはあまりにもざっくりすぎる。

 

ちゃんと自粛している若い人もいれば、してない若い人もいる。

ちゃんと自粛してる年配の人もいれば、してない年配の人もいる。

 

でも、この新型コロナに関して一番リスクのあるのは年配の人なんだと思う。

 

だから、多くの年配の人は外出を恐れているけど、それでも生活のためにスーパーいったりマスク買うためにドラッグストア行ってるんだと思う。

 

私も最近は日本に住んでる両親に毎日連絡をとってるけど、やはり外出するのは怖いと言っていた。

 

万一新型コロナにかかっても若い人にとってはたいしたことなさそうな可能性が高いことは世界の状況をみてもなんとなくわかる。

 

だから、この自粛要請はこの年配の人を守るために出されてる。

 

私もだったけど、実家に住んでる若い人なんて、自分でスーパーいって家族の分のトイレットペーパーやティッシュペーパーを買ったことない人だっていると思う。

自分で家族3食分の食材を買ったことだってない人だっていると思う。

 

年配の人や若い人の親は外に遊びに行ってるわけではない。

 

若い人はまだ若いからこの先何年も時間がある。

 

この自粛要請だって1年外出るなって言ってるわけじゃないんだから、とりあえず数か月は自分自身が大丈夫とかじゃなくて、自分の親や年配の人のために我慢してほしいと思う。

 

若い人は自分の身近な人に何かあるまで他人事って思う気持ちはなんとなくわかる。

自分も昔は若い人だったから。

 

でもなんか起きてからじゃ遅いこともあるってことも忘れないでほしい。

 

以上。

もちろんこれは1億2000万人近くいる日本人の一個人の意見。

これを見た人が自分の思ったようにこれから行動すればいいと思う。

けど、オリンピックのおもてなしじゃないけど、日本人は他人のことをもっと思いやれる人種であってほしいと思う。

それが日本で生まれ育った日本人のいいところだと思っていたから。

 

 

 

 

スポンサーリンク

アメリカ生活カテゴリの最新記事