【DV-2021】エージェントにお願いするかどうかと直近の気になること

【DV-2021】エージェントにお願いするかどうかと直近の気になること

昨年(2019年)応募したグリーンカードの抽選プログラムに当選したわけですが、抽選の申し込み自体は誰でも無料でできるので何も問題なかったのですが、いざ当選してその手続きをするとなると個人ではわからないことがあったりするのでエージェントにお願いするという選択肢も出てきます。

 

ただそのエージェントの費用がだいたい10万円くらいするので即決するのがちょっとためらわれるんですよね。。

 

そもそもですが、先程書いたように抽選申し込みは個人で無料でできるの私は個人で行ったのですが、エージェントがこの抽選申し込み自体を代行してくれるっていうサービスもあります。だいたい費用は1万円くらいで。

その場合のメリットとデメリットは、当選した場合はその後の書類や面接までのサポートを追加料金なしでしてくれるけど、落選した場合はその1万円はただの捨て金になる。。という点です。

 

ただ私みたいに抽選申し込みは個人で行って、当選したから上記の当選後の書類や面接のサポートだけを受けようとするとその費用が10万かかるんです。

 

なかなかいいやり方ですよね。

 

なので私がためらっている点を挙げると下記です。

 

・当選後のサポートだけ受けようとすると10万もかかるのでなんとなく損した気分になる。

(最初からエージェント経由で抽選に申し込んでいたら1万ですんだので)

・この当選後の書類や面接も個人でできないこともない。

・特に今回のDV-2021は最近出た大統領令の年内グリーンカード発行停止のせいで、そもそもグリーンカードの発行が行われるのかわからない。

・10万あったらギターを買いたい。

 

そんなわけで今現在(2020年7月3日)は私はエージェントにお願いせず個人で頑張っているのですが、やはりDS-260という最初に必要な書類を埋めているときもいくつか疑問がでてくるんですよね。

エージェントをつければそもそもこのDS-260自体をエージェントの方が作ってくれるみたいなのでこんな心配なんてあっとゆーまに吹き飛ぶんだと思うんですが。。

 

ちなみにいま困っていることは下記です。

 

・現在アメリカ在住なので面接地の選択がデフォルトでアメリカになっているところを日本に変更したいがなぜかこの部分の変更がクリックできない。

(現在、KCCにメールで問い合わせ中)

・直近5回のアメリカ滞在履歴を書くのですが、そもそもアメリカに住んでいる場合はどういう書き方するのかわからない。

(アメリカ来てから何回か日本に出張で帰ってるのでそれで行き来した分も含めるのか?)

・L1ビザとの関係

(グリーンカードへの切り替えになるのか、それともL1とグリーンカード両方持っているという状態になるのか)

・戸籍等の日本語で発行された書類の英語翻訳

(これも個人でできなくないが慣れているエージェントの方がもちろんいいとは思っている)

 

ただそもそもこの抽選プログラムに当選すること自体本当にレアなことだしせっかくの大チャンスなのでそれを棒に振らないためには素直にエージェントにお願いするのが一番だと思います。

 

以上。

これからも状況を書いていこうと思っているので今年の抽選プログラムの手続きをしている方、一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク

DV-2021カテゴリの最新記事