生英語 in シリコンバレー part 14 (wrong と long の発音)

生英語 in シリコンバレー part 14 (wrong と long の発音)

「wrong」って言いたいけど、この発音って難しいんです。。

「long」と勘違いされないかなーとかとか。

 

ここで「wrong」の発音をマスターしましょう!

 

スポンサー (広告)

 

「long」、「wrong」

意味

long

(形容詞) 長い

 

wrong

(形容詞) 誤った、間違った

 

詳細

「long」の意味はさすがに知ってますよね。

で、「wrong」は上記に書いた通り「誤った、間違った」という意味があります。

 

問題は発音です。

「long」は「ろんぐ」、これはいいと思います。

ちなみに発音記号はこれ「lˈɔːŋ」。

 

「wrong」は「w」から始まっているのでどう発音するかよくわかんないと思います。

「w」は発音しません。

なので、発音記号はこれ「rˈɔːŋ」。

 

「l」か「r」の違いなんですがこれが難しいんです。

 

本当に正確に言うと違うんですが、「l」か「r」の違いをすぐにマスターするのは難しいので、もうこう言ったら「wrong」を表現できます。

 

「ぅろんぐ」

 

です。

 

ちっちゃい「ぅ」から発音すれば「wrong」っぽく聞こえるし、たぶん通じると思います。

 

使う場面

Disneyland always has long line.

ディズニーランドはいつも行列です。

 

“Abe no mask” may be a wrong policy.

アベノマスクは間違った政策かもしれない。

 

派生

「long」の反対の意味は「short」。

じゃあ、「wrong」の反対の意味はー、「right」です!!

ちゃんとセットで覚えましょう!

 

この「right」も普通に「らいと」って発音するとこっちの「light」になっちゃうので、「ぅらいと」と言えば、「right」のほうととらえてもらえると思います。

 

以上。

発音は実際に発音して練習して定着させるしかないので頑張りましょう。

自分もとっさにはまだうまく発音できないです。。

 

生英語カテゴリの最新記事