生英語inシリコンバレー part5 (COVID-19, Coronavirus)

生英語inシリコンバレー part5 (COVID-19, Coronavirus)

いまアメリカでニュースを見ていて最も聞く単語、それは「COVID-19」、「Coronavirus」です。

そう、日本語でいう「新型コロナ」という単語です。

 

スポンサー (広告)

 

COVID-19, Coronavirus

意味

どちらも「新型コロナ」を意味します。

詳細

「COVID-19」は「Coronavirus disease 2019」の文字からとったWHOが決めた名称になります。

読み方ですが、Wikiとかには「コビッド19」と書いてますが、アメリカのニュース番組とか見る限り、「こうべ ないんてぃーん」って言ってるようにしか聞こえないです。

何回聞いてもそう言ってるようにしか聞こえない。

たまに、画面見ないで音声だけ聞こえた時は、えっ?神戸のニュースって思うくらいですもん。

 

「Coronavirus」、こっちはそのままで「ころなばいおらす」「ころなばいおろす」って感じで言ってますね。

 

日本語では「新型コロナ」って言ってますが、アメリカで「New Coronavirus」って言ってるのは聞いたことはないので、この「新型」ってとこはアメリカでは表現する必要ないです。

 

使う場面

「新型コロナ」について話したいときに使ってください。

 

派生

ないです。

変異してこれ以上派生のウイルスができないことを祈るばかりです。本当に。

 

以上。

プライベートでも仕事でも「新型コロナ」の影響がない人はいないと思うので、この単語についてはちゃんと言ったり聞けるようになるに越したことはないと思います。

生英語カテゴリの最新記事